入院棟 西 7F 腎臓内科 / 糖尿病・内分泌内科 / リウマチ・膠原病内科 / 乳腺内分泌外科 / 消化器内科

  • 腎臓内科 / 糖尿病・内分泌内科 / リウマチ・膠原病内科 / 乳腺内分泌外科 / 消化器内科1
  • 腎臓内科 / 糖尿病・内分泌内科 / リウマチ・膠原病内科 / 乳腺内分泌外科 / 消化器内科2
  • 腎臓内科 / 糖尿病・内分泌内科 / リウマチ・膠原病内科 / 乳腺内分泌外科 / 消化器内科3

ナース個々の力を発揮し、チーム医療で患者・家族を支える

池田 美世 看護師長
池田 美世 看護師長

 入院棟西7階には、腎臓・糖尿病・内分泌内科、リウマチ膠原病内科、乳腺内分泌外科の患者さんが入院されており、一般的な生活習慣病から診断の難しい難病、様々なステージの乳がん患者さん等、多彩な疾患看護を行っているのが特徴です。
 プライマリーナースを中心に、生活指導、意思決定支援、ACP(アドバンス・ケア・プランニング)等に看護師全員で取り組んでいます。多職種とも連携し、新人からベテランナースまで自分の持っている力を発揮して、ワンチームで病とともに生きる慢性疾患やがんの患者さんと家族の生活を守るための支援を行っています。

スタッフからのメッセージ

腎臓内科 / 糖尿病・内分泌内科 / リウマチ・膠原病内科 / 乳腺内分泌外科 / 消化器内科 スタッフ

 入院棟西7階では急性期から慢性期まで様々な疾患を抱える患者様と関わっており、看護師間や他職種間でのカンファレンスを行うことで、患者様の個別性に応じた看護を提供できるよう看護計画を立案、実践、評価、修正を実施しています。パートナーシップナーシングシステムを導入していることで、スタッフ間での相談もしやすく働きやすい環境です。
 糖尿病、腎臓、リウマチ・膠原病、乳腺の中から興味のある勉強会グループに所属し、学会へ参加したり、日々の業務や患者様によりよい看護を提供するためにどうすればよいか話し合うことで知識や看護観を深める事が出来ます。新人ナースからベテランナースまでお互いに支え合い、楽しくキャリアアップを目指せる病棟です。

治療内容
腎臓内科
腎生検、ステロイドパルス療法、腎不全教育入院、腎代替療法選択と準備、血液透析・腹膜透析導入

糖尿病・内分泌内科
教育入院(血糖コントロール、自己管理教育)、術前血糖コントロール、各種ホルモン検査

リウマチ・膠原病内科
検査診断、生物学的製剤の導入、維持療法

乳腺内分泌外科
乳癌・甲状腺の手術、化学療法、放射線療法

消化器内科
内視鏡的治療、IVR治療等

病床数 腎臓内科:15床
糖尿病・内分泌内科:6床
リウマチ・膠原病内科:12床
乳腺内分泌外科:6床
消化器内科:4床
総合内科:2床
感染症内科:2床
マネジメント病床:2床
勤務形態 二交替 12時間夜勤

岡山大学病院

岡山大学病院 看護研究・教育センター

TOP