外来 4F 周術期管理センター

  • 周術期管理センター1
  • 周術期管理センター2
  • 周術期管理センター3

手術を受ける患者さんを医療チームでサポートします

野口 史子 看護師長
野口 史子 看護師長

 周術期管理センターは「手術を受ける患者さんに快適で安全・安心な周術期環境を効率的に提供すること」を目的に、2008年9月に開設しました。Perioperative management centerの最初の5文字をとって、PERIO(ペリオ)と呼ばれています。外科医師、麻酔科医師、歯科医師、看護師、薬剤師、理学療法士、管理栄養士、歯科衛生士、歯科技工士、臨床工学士の多職種連携チームで協働しています。

 看護師は、手術を受ける患者さんの身体評価と、患者さんの状態に合わせた手術についてのオリエンテーションをおこない、術後の生活がイメージできるように術前からサポートしています。また、手術に向けた禁煙・禁酒指導も術前準備のひとつとしておこなっています。

スタッフからのメッセージ

 患者さんの中には「先生に手術するように言われたから」「家族が勧めるから」と受け身で手術に臨まれる方もおられます。しかし、手術の方法によっては、術後の生活に影響が及ぶものもあります。
 PERIOでは、看護師主体の「術前外来」をおこない、術前から術後の生活の様子を丁寧に説明しています。そして、患者さんが主体的に準備して手術に臨めるように多職種と連携してサポートしています。

 術前から介入し、病棟や多職種で連携して継続的に患者さんを支える、とてもやりがいのある職場です。

周術期管理センター 図

治療内容 手術療法を受ける患者さんの術前・術中・術後を医療チームでサポート
勤務形態 日勤

岡山大学病院

岡山大学病院 看護研究・教育センター

TOP