教育方針

岡山大学病院 看護部の教育方針と人材育成

教育方針

岡山大学病院は臓器移植、小児心臓外科、造血細胞移植などの高度先進医療の開発・実践において、全国でもっとも進んだ施設の一つであり、患者にとっては最後の砦とも言えます。高度先進医療の場面において、看護職には対象となる患者・家族の立場に立ち、何が最善かを共に考え、患者の権利と尊厳を守り抜く力が必要とされます。そして、リスクの高い患者の回復を促進するためには、フィジカルアセスメントを土台にした看護を効果的かつ確実に提供する力が必要とされます。

岡山大学病院で学びたい、看護をしたいという仲間の入職を歓迎し、「みんなで育とう、育てよう」のスローガンを基に相互に学び合う関係を築いていきます。そして本院の看護を、院内はもちろん、地域、日本、そして世界へと広める使命感を持って努力を続ける、そんな看護師を育てます。

また、大学病院は専門分化したユニークな医療人が集まる場でもあります。互いの能力を尊重し合い、コミュニケーションを促進することで、大きなチーム力が発揮できます。看護師は生活という視点で患者の全体像をとらえる大きな視野を持ち、患者のために必要なケアを調整するチーム医療のキーパーソンです。そのため人間関係をしなやかに形成し促進する力が必要とされます。

当院看護部ではこれらの期待を引き受け、2019年4月より「看護教育センター」へ看護職員教育を一元化し、人材育成を行います。

看護教育センター

理念
自律した専門職として、看護を通して社会に貢献できる人材を育成する
目標
以下のような看護職員を育成する

【基本的態度】
  • 倫理的感受性を常に磨き、対象者の権利と尊厳を守ることができる
  • 専門職として自律し、看護師の立場で発言できる
  • 多様性を認め、良質で柔軟なコミュニケーションができる
  • 組織人として、率先して自分の役割を遂行できる

【看護実践】
  • 根拠に基づいた看護を実施することができる
  • 看護につなげるフィジカルアセスメントができる
  • 対象者の力を引き出す看護ができる
  • 対象者に寄り添い、意思決定を支援することができる
  • 対象者を生活者としてとらえ、看護をつなぐことができる
  • チーム医療のキーパーソンとなり、多職種と協働することができる
  • 幅広い知識と多角的な視野を持ち、より良い看護を探求することができる

【教育的側面】
  • 教育的関わりを通じて相互に学び合い、自らも成長することができる

【管理的側面】
  • 自己のキャリアパスを描くことができる
  • 客観的データ分析に基づいた組織運営ができる

【研究的側面】
  • 臨床的な疑問に気づき、発信できる
  • 看護の質を高めるためにエビデンスを探求することができる


以下のような役割を担う

  • 基礎教育から継続教育をつなぐ
  • 個々の描くキャリアプランに応じた支援をする
  • 地域および国際医療の向上のために、当院の知的財産や環境を提供する

岡山大学病院

岡山大学病院 看護研究・教育センター

TOP