「夢と誇り」を抱いて働き続けるキャリアパスが描けるように

岡山大学病院は、専門職として自律した看護職員を育成することを目指してきた歴史があります。大学院あるいは認定看護師課程への進学やJICAへの参加にも支援を行ってきました。加えて、2009年度文部科学省「看護師の人材養成システムの確立」事業にでは、「夢と誇り」を抱いて職務に励み、生涯働き続けるキャリアパスが描けるよう、様々な角度から支援を行いながら、キャリアパス構築に向けて準備を行いました。

特に、「EBN志向で身体をみることができる」ジェネラリストナースの育成のために、フィジカルアセスメント岡大モデルや新人看護職員研修プログラムの開発に力を入れています。当院の伝統と新しい取り組みを統合し、岡山大学病院の目指す看護職員像をもとに、キャリアパスの再構築を行いました。

キャリアパス
クリックして拡大

それぞれのキャリアパス

採用から3年間でフィジカルアセスメントやコミュニケーションなどの看護職員としての基盤となる教育を受け、その後、当院の特徴である小児やクリティカル領域への部署異動を経験しながら一人前の【ジェネラリスト】に成長します。さらに、いかなる領域や対象においても、卓越した看護を提供できる【卓越したジェネラリスト】を目指します。

また、【看護管理者】【看護教育者】【スペシャリスト】【臨床研究者】というキャリアパスが準備されており、これらを選択しキャリアを広げることが出来ます。キャリアに対する考え方は変化していくため、一旦選択したキャリアパスの変更も可能です。 そして、その活動の場は、病院内にとどまらず、地域社会や世界へも開かれていることが特徴です。

ジェネラリスト

ジェネラリスト

キャリアパスの図に示すように、1年目から3年目の看護職員には必須研修が準備されています。4年目からは自律した看護職を目指し、自分で研修を選択していきます。

また様々な領域で経験を積み、実践を通してジェネラリストとして成長します。ジェネラリストは、岡山大学病院の医療、看護(患者さん)を支える重要な人材です。

まずはジェネラリストとしての基本的な能力を身につけ、さらに幅広い知識・技術を深めながら、準備されたキャリアパスを自分自身で選択し、自信を持ってキャリアを開発していくことができます。

ジェネラリストとは
いかなる領域・対象においても、基本となる知識・技術を応用し、安心・安楽・安全な看護を提供できる者、リーダーの役割が取れる者。

閉じる

卓越したジェネラリスト

看護師 大崎 未菜
看護師 大崎 未菜

私は就職2年目で、新たに創設された東3階ICU・CICUに異動になりました。1年間の看護師経験のみのため、異動当初は全く自信がありませんでした。しかし、周術期看護、慢性期疾患、急変時対応などを通じて様々な疾患・病態を学び、看護の幅が広がったことで自信がつき、『石の上にも3年』が、今年で12年目のICU看護師となりました。たくさんの先輩や同期、そして後輩たちに支えられて、現在も学び続けることができています。

現在のキャリアパスを目指した理由

ICUで急性期の病態や重症患者の看護に関わり、患者さんが「生きる」「生きていく」ためのニーズについて強く意識するようになり、一緒に働く仲間と切磋琢磨する日々を送っています。周りに助けられて、ここまで続けることができた自分の経験を、一緒に働く仲間に伝え、ともに患者さんへ看護を提供していきたいと考えています。

現在の役割について

教育に関わる活動を経て、一緒に働くスタッフ全体に目を向けることの大切さを実感しました。フィジカルアセスメントOJTナースとして、後輩への直接的な指導だけではなく、その周りにいるスタッフへ関わっていき、部署全体の教育支援ができるようにしていきたいと思っています。

卓越したジェネラリストとは
いかなる領域・対象においても、豊かな経験知と技術を巧みに駆使し、臨床現場の最前線で卓越した看護を追求する者。

閉じる

看護管理者

看護師長 物部 さおり
看護師長 物部 さおり

副看護師長6年、看護師長3年を前部署で経験しました。そこでは3交代から2交代(16時間夜勤導入)、その後12時間夜勤導入、PNSの看護提供体制を導入し、大きな病棟改革をしました。看護職員の働きやすさを求め、患者さんへ安心・安全・安楽な看護サービスの提供を目指すことができたと実感しました。その経験を軸に、現在の部署でも同じように実践しています。現状に満足せず、まだまだ「変革」を楽しみたいと思っています。

現在のキャリアパスを目指した理由

副看護師長を目指したきっかけは「ジレンマ」です。リーダーとして働く中で、新たなことにチャレンジしたくても、なかなか古い看護提供体制から抜けだせない、変えられないことにジレンマを感じ、役職を得て何かを変えていきたい、自分自身も力をつけていきたいと思うようになりました。そして副看護師長の経験を経て、新たに看護師長として歩むことは、大きな挑戦でしたが、前部署の看護師長との出会いも、私にとっての支えになりました。

現在の役割について

看護管理者として求められるマネジメント力とは、「ニーズを読む力」「分析を深く行う力」「実行する力」だと思います。現場を変えるのは現場でしかないと思っています。常に現場の問題を俯瞰し、成果の見える取り組みを行うことが求められています。先延ばしをせず、「今」と「未来」を見据えて、現場の声に耳を傾ける。そして看護職員への動機付けや承認を行い、常に看護の力が最大限に発揮できるよう心がけています。

看護管理者とは
質の高い看護サービスが提供できるよう、看護体制を創造する者。管轄単位の管理責任者として看護経営に責任を持ち、病院経営に参画する者。

閉じる

スペシャリスト

急性・重症患者看護専門看護師

宮岡 里衣 専門看護師
急性・重症患者看護専門看護師 宮岡 里衣

集中治療を必要とする患者さんは、急な発症や重篤な疾患により時には生命の危機状態にあります。私たち医療者には、患者さんがより早期にできるだけ合併症がなく回復に向かうための治療・ケアが求められます。また時には治療を尽くしても回復が難しく、最期を迎えなければならないこともあります。私は、患者さんにとって最善の治療ができるよう、医師や看護師をはじめ多職種の医療者と連携しながら実践しています。また患者さんの意思とそれを支えるご家族の思いを尊重し、その方らしい生き方を支援しています。

現在のキャリアパスを目指した理由

多くの職種の医療者が関わる集中治療の現場で働く中で、患者さんの回復を願う医療者たちが連携できれば、もっとよい医療・ケアができるのではないかと考えるようになりました。看護師は多職種の医療者が集まるチームの調整役と言われますが、具体的にどうすべきか、自分では見つけられず限界を感じました。各医療者の持つ力を、患者さんのよりよい医療やケアにつなげたいと思い、大学院へ進学し専門看護師の資格を取得しました。

現在の役割について

看護は、患者さんやご家族の抱えるさまざまな症状や思いに気づくことから始まります。その気づきが看護師の持つ知識や経験から、より患者さんの回復を促進し、思いに寄り添う看護へと発展できるよう一緒に考えていく支援をしています。また、患者さんに関わる医療者が作るチームが同じ方向で医療・ケアができるよう、多様な医療者の意見を活かしながら、場や人に応じたコミュニケーションを通じて調整をしています。
看護は、患者さんやご家族の「生きる」に向き合う経験の積み重ねだと思います。経験を看護の力にできるよう看護師のみなさんの学びを支援していきたいと思います。


認知症看護認定看護師

山本 昌子 認定看護師
認知症看護認定看護師 山本 昌子

認知症は特別な疾患ではありません。加齢の一部と捉えることもできます。
認知症者は不慣れな環境に適応しにくく、自分の状態を言葉で表現することが苦手です。認知症看護認定看護師は、認知症者の権利を擁護し、意思決定能力を補うようにサポートします。また、認知症の行動・心理症状を悪化させる要因に働きかけ、予防と緩和に努めます。さらに、安心かつ安全な生活・療養環境を調整できるように働きかけます。

現在のキャリアパスを目指した理由

病棟で働いていた頃に、身体疾患の治療目的で入院した認知症者が、安静が保てない・指示が守れないという理由で治療を断念したり、認知症の行動・心理症状が悪化したまま退院したりする事例を多く経験しました。認知症者の尊厳を守り、必要な医療を安心・安全に受けられるように援助したいと思い、認知症看護認定看護師を目指しました。

現在の役割について

精神科リエゾンチームの一員として、入院中の患者さんのサポートをしています。せん妄発症予防やせん妄発症後のケア、認知症のある患者さんへのケアなどを、チームメンバーおよび病棟スタッフの皆さんと協働しておこなっています。患者さんとご家族を支える看護師へのサポートも、重要な役割だと感じています。

スペシャリストとは
特定の専門領域や対象において卓越した実践能力を持ち、日本看護協会から認定看護師もしくは専門看護師の認定を受ける者。

閉じる

看護教育者

副看護師長 市川 裕子
副看護師長 市川 裕子

教育担当者として、部署でのシミュレーション教育の実施、新人教育プログラムの整備、「RIプログラム」の開発を行い、成人教育や様々な教育手法を取り入れ、主体的に学習し、経験と振り返りを大切にすることで自らの成長を感じることのできる環境を整えています。また、院外で技術指導などをする機会や、看護教育も行っています。

現在のキャリアパスを目指した理由

業務に追われる中でも安全・安心・安楽な看護を提供すること、また、看護をすることの喜び・幸せ・満足を感じ、看護の仕事にやりがいを感じてもらえることを支援したいと思ったことがきっかけです。日々の業務や勉強会などを通して、スタッフに気づきが生まれた際に生まれる、目がキラキラとする反応は私の宝物です。

現在の役割について

看護師各々が互いを尊重し、チームで看護を高めあい、看護のハーモニーを奏でることのできた経験は、看護の仕事を続けていく大切な要素になるのではと感じています。そのためにも一つ一つの経験を大切にするための患者カンファレンスの運営を重視しています。また、キラッとした看護を表彰するなど褒められ、認められる場も大切にしています。

看護教育者とは
臨床現場で学生や後輩の教育に関心を持ち、成人学習者に対する教育技法を用いて教育できる者。
岡山大学保健学研究科との人事交流により、基礎教育現場の教員を目指すことができる。また、再度臨床現場に戻る道もある。

閉じる

岡山大学病院

岡山大学病院 看護研究・教育センター

TOP