看護職員の研修スケジュール

いつでも自由に演習出来る「スキルラボ」を完備。岡山大学病院の看護教育プログラム

  • 採用予定者
  • 就職前基礎看護技術体験
  • 1年目
  • オリエンテーション(医療安全・感染管理など)
  • 基礎看護技術(採血・酸素吸入・導尿・感染予防)
  • ME器機研修(輸液ポンプ・シリンジポンプ・モニター等)
  • 救急蘇生・マスク換気
  • 看護過程と看護記録
  • チーム医療のためのコミュニケーション演習
  • マナー・移乗・移送
  • ストレスマネジメント
  • がん化学療法薬の安全な取り扱い
  • フォローアップ研修I医療安全/静脈注射/看護職の職業倫理/リアリティショックを乗り越える
    • 1.就職初期に必要な医療安全行動を学ぶ。
    • 2.静脈注射の基礎知識を得る。
    • 3.看護職としての職務・責任を自覚する。
    • 4.守秘義務の遵守、個人情報保護の重要性が理解できる。
    • 5.就職後2ヶ月を経過した仲間の現在の心境や今後の目標を知り、 お互い励まし支えあう。
  • フォローアップ研修II静脈留置/倫理的感受性を高める/問題解決の糸口をつかむ
    • 1.静脈留置針挿入実施が手順に沿って行える。
    • 2.職業人としての倫理的問題に気づく。
    • 3.問題解決のために看護過程を展開する。
    • 4.修飾語半年経過した現在の状況を語り合い共有しながら、問題解決の糸口をつかむ。
  • フォローアップ研修III積極的傾聴/医療安全(多部署訪問KYT)/役割意識/1年の振り返り
    • 1.患者の気持ちを理解し、寄り添うことの大切さを学ぶ。
    • 2.他部署訪問・KYTを通して、リスク感性と医療安全行動に対する認識を高める。
    • 3.チーム医療の構成員としての役割を理解できる。
    • 4.1年間の自分の軌跡を振り返り、来年度への目標へつなげる。
  • フィジカルアセスメントI
    • 1年間の到達目標
    • 1.呼吸器系・循環器系に関する解剖生理が理解できる。
    • 2.異常呼吸音の聞き分けができる。
  • 小児フィジカルアセスメントI
    • 小児のフィジカルイグザミネーションを体験する。

岡山大学病院

岡山大学病院 看護研究・教育センター

TOP