看護部長からのご挨拶

岩谷看護部長

岡山大学病院 看護部長

探究心 + クリエイティブ →→ 前進

 岡山大学病院は、高度な医療を提供する「特定機能病院」であり、「臨床研究中核病院」です。新しい治療法や医療技術の開発、先進的かつ安全な医療の提供は当院の使命です。私ども看護職は、医療チームの一員として患者さんにとって最善の医療の提供に尽力致します。

 低侵襲手術やゲノム医療をはじめとした医療の発展は、治療選択の幅を著しく広げています。一方で、患者さんにとって治療に関する意思決定が難しい場合もあります。私たち看護職は、患者さんが納得して治療に臨んでいただけるよう、患者さんがどのように治療を受けたいか、どのように生きたいか、どのように生活と治療を両立させるかの意思を引き出し、大事にします。そして、抱えていらっしゃる、あるいは治療と共存する多面的な課題を捉え、その時考え得る最善なケアが提供できるよう努めます。このコロナ禍であっても、当院の使命を果たすべく、各部署がより善さを探究し、チャレンジを続けています。

 また、当院看護部には、臨床・研究・教育における多様なキャリアパスがあります。患者さんにとって最善のケアを提供できるよう研鑽を積み、それぞれの立場でプロフェッショナルとして活躍しています。

 私たちと一緒に看護の醍醐味を感じませんか!
 専門職として学び成長したい方をお待ちしております。

看護部理念

看護部理念

岡山大学病院

岡山大学病院 看護研究・教育センター

TOP