外来 4F 腫瘍センター

  • 腫瘍センター1
  • 腫瘍センター2
  • 腫瘍センター3

社会生活を営みながらの、がん化学療法をサポート

西本 仁美 看護師長
西本 仁美 看護師長

 各診療科におけるがん化学療法を集約しておこなっており、毎月平均850件、1日平均40件と毎年実績を上げ、化学療法を安全に・安楽に・確実に提供できるようチーム医療に取り組んでいます。メディカルスタッフによる内服化学療法サポート外来やアピアランスケア外来もおこなっています。

 看護師は、副作用の予防と早期発見、副作用マネジメント、セルフケア支援、電話訪問、地域連携など、患者さまが社会生活を営みながら治療が継続できるようサポートしています。患者さまやご家族のニーズにこまやかに応えられるようコミュニケーションを密に図り、必要とされる社会資源や情報提供、活用できる人材への橋渡しなどができるよう努めています。

スタッフからのメッセージ

腫瘍センター スタッフ

 私は、育休明けで部分育児休業を使用して勤務をしています。子育て世代のスタッフが多く、仕事面だけでなく、子育てについても相談しやすい環境です。
 腫瘍センターでは、様々な診療科の化学療法を行っており、治療の内容や患者様の状態も様々で、日々学ぶことが多いです。毎日多くの患者様が来られる中でも、それぞれのかたと関係性を築き、サポートしている先輩がたの姿が印象的です。また、薬剤師、歯科衛生士など、多職種とも連携しながら副作用症状のマネジメントをおこない、自宅でも安心して過ごせるように援助しています。私も、治療を安全に行えること、生活もサポートできることを目標に頑張っていきたいと思います。

治療内容 外来がん化学療法(消化器内科、血液腫瘍内科、呼吸器・アレルギー内科、消化管外科、肝・胆・膵外科、呼吸器外科、 乳腺・内分泌外科、泌尿器科、皮膚科、耳鼻咽喉科、脳神経外科、婦人科、リウマチ・膠原病内科、整形外科、小児科、総合内科、口腔外科(病態系))
病床数 28床
勤務形態 日勤

岡山大学病院

岡山大学病院 看護研究・教育センター

TOP