外来 1F 総合患者支援センター

  • 総合患者支援センター1
  • 総合患者支援センター2
  • 総合患者支援センター3

医療・看護・福祉などの相談、入退院支援

野口 史子 看護師長
野口 史子 看護師長

 総合患者支援センターの特徴は、院内外の多職種と連携・協働しながら患者さんの「生きていく」を支えるところにあります。入院は一時的な療養の場であり、いずれ生活に戻られます。患者さんが自分の治療や療養に対してどう思っているのか、どうありたいのかを掘り下げ、患者さんの力を見極めながら必要な支援に繋いでいます。患者さんが安心して生活に戻るために、長期的な視点を持ち、部署内や病棟、外来部門の多職種とコミュニケーションを活発にとることを大切にしており、様々な部署を経験したジェネラリストが力を発揮しています。

【詳しくはこちらのホームページをご参照下さい】
http://www.cc.okayama-u.ac.jp/~iscps/

スタッフからのメッセージ

総合患者支援センター スタッフ

 院内外の多職種と連携、協働しながら患者さんの療養希望を叶えるサポートをしています。
 医療ソーシャルワーカーも看護師もみな話しやすく相談もしやすいので、困った時も一人で悩まず解決の糸口を見つけることができます。患者さんの「こういうふうに生きたい」という思いを支えるために、患者さんの思いを掘り下げて話しを聞くこと、人生の重要な局面での意思決定支援を行うことの難しさはありますが、やりがいもある部署です。夜勤がなく土日がお休みなので仕事と育児の両立がしやすいと感じています。ママさんスタッフも多いので、子育ての相談もできるあたたかい部署です。

治療内容 入退院支援、医療看護福祉相談、がん相談など 
勤務形態 特別日勤 

岡山大学病院

岡山大学病院 看護研究・教育センター

TOP