外来 1F 総合患者支援センター

  • 総合患者支援センター1
  • 総合患者支援センター2
  • 総合患者支援センター3

医療・看護・福祉などの相談を受けています

野口 史子 看護師長
野口 史子 看護師長

 総合患者支援センターは、地域連携部門と患者支援部門に分かれて業務をしており、看護師はMSW(医療ソーシャルワーカー)とともに、患者支援部門で業務をしています。この部署の主たる業務は「相談」「入院支援」「転院調整・在宅療養支援」です。外来から病棟まで組織横断的に活動しています。
 当院の外来・入院患者・ご家族あるいは当院以外の方からの相談も受けており、病気を抱えて地域で生活をするための支援や、地域との連携も行っています。

【詳しくはこちらのホームページをご参照下さい】
http://www.cc.okayama-u.ac.jp/~iscps/

スタッフからのメッセージ

総合患者支援センター スタッフ

 総合患者支援センターの特徴は、院内外の多職種と連携・協働しながら患者さんの「生きていく」を支えるところにあります。
 入院は一時的な療養の場であり、いずれ生活に戻られます。患者さんが自分の治療や療養に対してどう思っているのか、どうありたいのかを掘り下げ、患者さんの力を見極めながら必要な支援に繋いでいます。患者さんが安心して生活に戻るために、長期的な視点を持ち、部署内や病棟、外来部門の多職種とコミュニケーションをしっかりとることを大切にしています。

 様々な部署を経験したジェネラリストが力を発揮しており、とてもやりがいのある部署です。

治療内容 入退院支援、医療・看護・福祉相談、がん相談、ボランティア活動支援など  
勤務形態 日勤 

岡山大学病院

岡山大学病院 看護研究・教育センター

TOP