入院棟 東 8F 呼吸器外科 / 消化器ユニット(外科) / 放射線科 / 乳腺内分泌外科

  • 呼吸器外科 / 消化器ユニット(外科) / 放射線科 / 乳腺内分泌外科1
  • 呼吸器外科 / 消化器ユニット(外科) / 放射線科 / 乳腺内分泌外科2
  • 呼吸器外科 / 消化器ユニット(外科) / 放射線科 / 乳腺内分泌外科3

患者さんの気持ちに寄り添い、安心・安全な看護を提供し早期回復を目指す

瀬浪 典子 看護師長
瀬浪 典子 看護師長

 入院棟東8階は、呼吸器外科、消化管外科、肝胆膵外科、乳腺内分泌内科、放射線科の混合病棟であり、 入院する患者さんの疾患も多岐にわたっています。外科系診療科では手術前後の管理・化学療法・様々な処置や検査があります。放射線科では放射線治療や手術前の検査、IVR治療など様々な疾患・病状の患者様が入院されています。看護師は日々研鑽に努め、患者さんそれぞれの状態をアセスメントし、早期退院につながるような支援を心がけています。

 また患者さんへの援助はもちろんですが、スタッフ同士のパートナーシップマインドを大切にしながら、お互いを思いやり、ワンチームでの看護を提供しています。 

スタッフからのメッセージ

呼吸器外科 / 消化器ユニット(外科) / 放射線科 / 乳腺内分泌外科 スタッフ

 子育て中の職員も多く、情報収集の時間が異なり、申し送りが聞けないこともありますが、PNSが確立しているため情報共有がしやすく、すぐに業務に参加することができます。病棟に復帰したばかりでも、新しい疾患の学習や看護技術も一緒に行えるため、安心して業務を行うことができます。また、次の勤務者に仕事を引き継ぎやすい環境であり、定時で退勤してメリハリをつけて仕事と育児を両立することができています。
 また患者さんへの援助はもちろんですが、スタッフ同士のパートナーシップマインドを大切にしながら、お互いを思いやり、ワンチームでの看護を提供しています。

治療内容
呼吸器外科・消化器ユニット(外科)・乳腺内分泌外科
呼吸器疾患(肺がん、肺移植、縦隔腫瘍など)、消化管疾患(主に胃がん、大腸がん、肝臓がん、膵臓がんなど)、乳腺・内分泌疾患(乳がん、甲状腺がんなど)の診断・治療(手術、化学療法)

放射線科
肺癌・肝臓がん・骨腫瘍などのRFA(ラジオ波治療)、血管腫・血管奇形に対する硬化療法や動脈塞栓術、放射線治療、手術前の診断のための生検など
病床数 48床
呼吸器外科:22床、乳腺内分泌外科:3床、消化管外科・肝胆膵外科:15床、放射線科:8床
勤務形態 二交替 12時間夜勤

岡山大学病院

岡山大学病院 看護研究・教育センター

TOP