管理棟 7F 医療安全管理部

  • 医療安全管理部1
  • 医療安全管理部2
  • 医療安全管理部3

あなたのそばに医療安全

森田 幸子 看護師長
森田 幸子 看護師長

 特定機能病院として患者さまの安全を守り、高度な医療を提供することを目的とし、各診療科、各部門に配置されたリスクマネジャーとともに事故防止に対する組織的な取り組みを行っています。

 医療者のエラーにつながる環境要因を一つでも解決できるよう病院システムの見直しを中心に改善策を考えています。看護師からの積極的なインシデントレポート報告は年間約4000件、当院全報告件数の93%以上をしめ、インシデント当事者が看護師でない報告も主体的に報告しており、看護職の責任感の強さ・医療安全意識の高さがうかがえます。

 常に患者さまの安全を考え看護している看護師たちの臨床現場からの意見に耳を傾けることを第一とし、安全な看護提供につながるようリスクマネジャーである師長たちとの連携が不可欠です。そして岡山大学病院の安全文化の醸成につなげられよう、多くの医療者とのディスカッションも大切にしています。

スタッフからのメッセージ

医療安全管理部 スタッフ

 看護師は、患者さんの最も身近な存在であり、24時間365日継続する看護業務において、刻々と変化する患者さんをアセスメントし、医療・看護におけるヒヤリハットや、医療事故を防ぐ役割を担っています。
 そして私の役割は、医療安全の醸成を強化できるよう部署のリスクマネージャーである師長と、リスク担当委員を繋ぐことです。

 また、ゼネラルリスクマネジャーとして、インシデントレポートや病棟訪問を通して、看護師の日々感じる小さな疑問や新たな気づきを大切にし、岡山大学病院の看護師の皆さんと共に【患者さんの安全を守る看護】を考えていきたいと思います。

岡山大学病院

岡山大学病院 看護研究・教育センター

TOP