入院棟 東 5F 眼科 / 放射線科

  • 眼科 / 放射線科1
  • 眼科 / 放射線科2
  • 眼科 / 放射線科3

安全・安心な治療を提供するため全身のアセスメント力が必要です

大前 雅代 看護師長
大前 雅代 看護師長

 眼科は、網膜剥離などの緊急入院や手術が多い科です。高齢で視機能の低下がある患者さんは、退院後に点眼や内服管理が困難なケースがあります。在院日数は短いですが、入院時より退院後の生活を見据え、個別性のある退院支援をしています。
 放射線科は、放射線治療や最先端治療であるIVR目的の患者さんが全国から入院されており、看護師は、患者さんの治療にかける思いに応えていけるように研鑽をつんでいます。

 いずれの診療科も、糖尿病や心疾患、腎疾患などの合併症を持った患者さんが多く、看護師は、安全・安心な治療を提供するために、専門性を高めるとともに、全身管理ができるフィジカルアセスメント能力の向上に努めています。

スタッフからのメッセージ

眼科 / 放射線科 スタッフ

 私たちは、育児休業を経て育児部分休業で働いています。仕事と子育ての両立は大変ですが、周りのスタッフや家族に協力してもらいながら、少しずつ土日勤務や夜勤をし、係活動にも参加しながらワークライフバランスの実現を目指しています。

 昨年より12時間夜勤に移行し、業務改善にも力を入れ、より効率よく時間内に仕事が終わるように心掛けながら働いています。また、部署間応援にも前向きに取り組んでいます。入退院や手術も多く忙しい毎日ですが、PNSマインドを発揮しペア間でもコミュニケーションを密にとりながら、患者さんの笑顔のためにスタッフ一丸となってパワフル・元気に頑張っている部署です。東5マジ半端ない!!!

治療内容
眼科
網膜剥離、増殖糖尿病網膜症、加齢黄斑変性などの黄斑・網膜硝子体疾患、緑内障、斜視弱視、白内障、光線力学療法

放射線科
肺がん、肝臓がん、骨腫瘍などのラジオ波治療、血管腫、血管奇形に対する硬化療法、動脈塞栓術、放射線治療(肺がん、肝がんの定位照射)、RI治療(前立腺がんなどの密封小線源、甲状腺がんのアイソトープ内用療法)
病床数 眼科27床 放射線科10床 RI病室3床 総合内科2床 脳神経外科1床
勤務形態 二交替

岡山大学病院

岡山大学病院 看護研究・教育センター

TOP