入院棟 東 9F 脳神経外科 / 神経内科

  • 脳神経外科 / 神経内科1
  • 脳神経外科 / 神経内科2
  • 脳神経外科 / 神経内科3

急性期から退院後までのサポートやコーディネーターとしての役割

渡邊 亜津子 看護師長
渡邊 亜津子 看護師長

 脳神経外科では手術が中心です。脳腫瘍や脊髄・脊椎の手術、脳血管障害に対しては血管内手術が行われます。パーキンソン病に対する電極装置の埋め込み治療や、てんかんの脳波モニタリングや手術も行われています。
 中枢神経原発リンパ腫に対して、化学療法も行われています。当院は筋萎縮性側索硬化症(ALS)の拠点病院になっており、その他にも様々な神経難病の患者さんが入院されます。これらの疾患の患者さんは心理的、社会的問題も多く、入院棟東9階看護師には他職種のメンバーとの協働においてコーディネーターとしての役割も求められます。胃瘻造設や気管切開、人工呼吸器を装着して退院される患者さんの在宅療養への支援に力を入れています。

スタッフからのメッセージ

脳神経外科 / 神経内科 スタッフ

 入院棟東9階病棟は、脳神経外科と神経内科の混合病棟であるため、周手術期や化学療法だけでなく、神経難病等によるADL介助が必要な患者さんへのセルフケア援助など、幅広い看護が学べます。
 また、在宅療養が必要な患者さんが多いため、退院後の生活環境、介護状況を考慮した退院支援にも力を入れており、ソーシャルワーカーやリハビリなど他職種と早期に連携し、患者さんとその家族が安心して自宅へ帰れるように援助しています。日々の看護援助や治療・リハビリを通して状態が改善していく経過に立ち会えると喜びを感じます。
 介護度が高く、大変ではありますが、その分学べることもたくさんあり、毎日充実しています。

治療内容
脳神経外科
脳血管障害、脳腫瘍に対する外科治療、パーキンソン病・てんかんに対する外科治療、脳腫瘍に対する化学療法・放射線療法、脳血管障害に対する血管内治療、小児先天性疾患に対する手術、脊椎・脊髄疾患に対する手術など

神経内科
脳血管障害に対する内科的治療、神経難病やその他、神経免疫疾患、筋・神経、末梢神経障害といった疾患に対する検査・診断及び治療など
病床数 脳神経外科:32床 神経内科:18床
勤務形態 二交替

岡山大学病院

岡山大学病院 看護研究・教育センター

TOP