外来 4F 腫瘍センター

  • 腫瘍センター1
  • 腫瘍センター2
  • 腫瘍センター3

社会生活を営みながらの、がん化学療法をサポート

西本 仁美 看護師長
西本 仁美 看護師長

 各診療科におけるがん化学療法を集約しておこなっており、利用診療科は18診療科で、約300の登録プロトコールを実施しています。毎月平均760件、1日平均38件と毎年実績をあげ、化学療法を安全に・安楽に・確実に提供できるようチーム医療に取り組んでいます。

 看護師は、副作用の予防と早期発見、副作用マネジメント、セルフケア支援、電話訪問、地域連携など、患者さまが社会生活を営みながら治療が継続できるようにサポートしています。患者さまやご家族のニーズにこまやかに応えられるようコミュニケーションを密に図り、必要とされる社会資源や情報提供、活用できる人材への橋渡しなどができるよう努めています。 

スタッフからのメッセージ

腫瘍センター スタッフ

 私は看護師18年目です。今年の4月より泌尿器科を中心とした混合病棟より腫瘍センターへ異動となりました。
 手術後の離床やストーマケアをおこなっていた看護とは違った看護を経験しています。子育てをしながらの勤務ですが,腫瘍センターには子育て中のスタッフも多く,仕事のみならず,子育てのことやプライベートのことなど相談に乗ってもらっています。

 安全、確実にそして苦痛が少ない状況で予定された治療が最後まで続けられるようにサポートできたらと思っています。

治療内容 外来がん化学療法(消化器内科、血液腫瘍内科、呼吸器・アレルギー内科、消化管外科、肝・胆・膵外科、呼吸器外科、 乳腺・内分泌外科、泌尿器科、皮膚科、耳鼻咽喉科、脳神経外科、婦人科、リウマチ・膠原病内科、整形外科、小児科)
病床数 26床
勤務形態 日勤

岡山大学病院

岡山大学病院 看護研究・教育センター

TOP