入院棟 西 7F 腎臓内科 / 糖尿病・内分泌内科 / リウマチ・膠原病内科 / 乳腺内分泌外科

  • 腎臓内科 / 糖尿病・内分泌内科1
  • 腎臓内科 / 糖尿病・内分泌内科2
  • 腎臓内科 / 糖尿病・内分泌内科3

ナース個々の力を発揮し、チーム医療で患者・家族を支える

角南 直美 看護師長
角南 直美 看護師長

 腎疾患、糖尿病、内分泌疾患、リウマチ、膠原病とさまざまな疾患があり、原因検索のための検査、治療を行っています。在宅で自己管理を行っていく腎疾患・糖尿病患者さんや透析に移行する患者さんに対して、患者さんに合った最善の治療ができるように、チーム医療を行っています。

 また、乳腺内分泌外科では、手術、術前・術後の化学療法、術後の放射線療法を行っています。手術件数は年々増加しており、再建の手術もあります。患者さんのQOLが維持できるように、乳がん看護認定看護師、理学療法士、リエゾン、緩和ケアなど他職種、専門チームとともに関わっています。そして、内科外科の患者さんとも安心して在宅で過ごせるように退院支援にも力をいれています。

スタッフからのメッセージ

腎臓内科 / 糖尿病・内分泌内科 スタッフ

 私が勤務している西病棟7階では、パートナーシップナーシングシステム(PNS)を導入し、内科的治療、外科的治療を受ける患者に看護を提供しています。

 西7配属になり約4年半になります。外来勤務が長かったため異動したばかりの頃は、病棟のシステムがわからず初めて経験することばかりでした。でも、西7はわからないことを誰に尋ねても丁寧に指導してもらえる環境でした。
 そして、常にペアで動くので安心感があります。家庭と仕事を両立していけるのは、若いパートナーに支えられ、力をもらっているからだと思います。研修に参加して気分転換をすることも忘れないようにしています。今後もこれまでのキャリアを活かしながら働き続けたいと思っています。

治療内容
腎臓内科
教育入院、シャント造設、透析導入、腹膜透析、ステロイドパルス療法、腎生検、溢水の治療

糖尿病・内分泌内科
教育入院(血糖コントロール・自己管理教育)、術前血糖コントロール

リウマチ・膠原病内科
生物学的製剤の導入

乳腺内分泌外科
乳がんの手術・化学療法・放射線療法、甲状腺の手術
病床数 腎臓内科:18床
糖尿病・内分泌内科:8床
リウマチ・膠原病内科:14床
乳腺内分泌外科:7床
感染症病床(感染症内科):2床
勤務形態 二交替

岡山大学病院

岡山大学病院 看護研究・教育センター

TOP