看護部長からのご挨拶

前川看護部長

岡山大学病院 看護部長

病院完結型医療から地域完結型医療へ。看護職は「チーム医療の要」として期待されています。

 看護は人々の健康を支えるとても重要な仕事です。人は病を得ると、健康であった時とは異なる世界を体験し、生活を送ることになります。看護はそういった人々の体験と暮らしに目を向け、その持てる力を最大限引き出しながら、再び健康を取り戻すことができるよう生活を整えていく仕事です。

 岡山大学病院看護部では、「質の高い看護サービスを効果的に(effectively)、効率的に(efficiently)、倫理的に (ethically)、エンパワーメント(empowerment)を通して提供する」ことを理念に掲げ、高度急性期医療を担うことのできる人材を育成する体制を整備しています。また看護職員が生涯を通じて仕事を続けることができるよう、ワーク・ライフ・バランスの推進に取り組んでいます。

 医療の有り様は、今、病院完結型医療から地域完結型医療へと大きく変化しています。患者さんの外来通院、入院治療から在宅復帰まで切れ目のないケアを提供するため、看護職にはチーム医療の要としてこれまで以上の役割が求められる時代といえます。これを好機ととらえ、私たちと共にこれからの医療の一端を担っていきましょう。

看護部理念

看護部理念

岡山大学病院

岡山大学病院 看護研究・教育センター

TOP