看護部長からのご挨拶

宗宮看護部長

岡山大学病院 看護部長

命を守り、生活を支える看護。

 医療が進歩し、今までは困難であった治療が可能となりました。しかし病気も体も何もなかった状態にリセットされる訳ではありません。病気や副作用などと共存しながら、生活を送ることも多くなっています。これからは退院後の生活を見据えた医療・看護の提供や地域との連携がますます必要となります。

 岡山大学病院は高度急性期病院として、最先端の医療・看護を駆使し「命を守る」ことに努めています。それとともに、患者さんが家や施設へ戻られた後も生活が続けられるような「生活を支える」看護にも取り組んでいます。

 当院で「命を守り、生活を支える看護」に共に取り組んでくださる方を待っています。

看護部理念

看護部理念

岡山大学病院

岡山大学病院 看護研究・教育センター

TOP