総合 西 3F 血液浄化療法部

  • 血液浄化療法部1
  • 血液浄化療法部2
  • 血液浄化療法部3

チームで行う、患者さんやご家族に寄りそった療法選択支援

笠原 由美子 看護師長
笠原 由美子 看護師長

 血液浄化療法部は、日本で血液透析治療が始まった頃の昭和47年に腎臓病患者の治療目的で開設されました。対象患者数が年々増加を続ける中、透析導入だけでなく大学病院に治療目的で入院された維持透析患者さんの継続治療や特殊な血液浄化治療が多いのが特徴です。
 平成22年から新設された腎臓病在宅療養指導外来は、看護専門外来として看護師が担う患者さんへのサポート体制です。CAPD(腹膜透析)患者さんのセルフケアや食事指導だけでなく、専門職種と連携しながら透析療法の導入を控えた患者さんやご家族に、血液透析・腹膜透析・腎移植などの説明をおこない、治療法の特徴を理解したうえで、自分のライフスタイルにあった治療法が選択できるように支援しています。

スタッフからのメッセージ

血液浄化療法部 スタッフ

 血液浄化療法部は、日勤のため育児休暇から復帰した人には働きやすい環境であり、スタッフの大半は子育て世代です。お互いに助け合いながら仕事と育児を頑張っています。当部署では、慢性疾患の患者さんだけではなく、手術を目的に入院された維持透析患者さんや急性期の患者さんとの関わりを通して全身管理について学ぶことができ、看護師のスキルアップが図れます。透析経験のないスタッフでも、様々な部署を経験したスタッフ同士が情報を共有しながら実践に活かすことができる部署です。医師、臨床工学技士、看護師が協力し専門性を活かしながらチーム医療を行っています。

治療内容 血液透析、各種血液浄化療法(単純血漿交換療法、二重濾過血漿交換療法、LDL 吸着療法など)、腹膜透析(CAPD)外来、腎臓病在宅療養指導外来など、病院の内外で発生した急性および慢性腎不全
病床数 血液浄化:15床 CAPD 専門外来診察室
勤務形態 日勤のみ(必要時には祝日・土曜日の日勤勤務)

岡山大学病院

岡山大学病院 看護研究・教育センター

TOP