総合 西 6F CLR

  • CLR1
  • CLR2
  • CLR3

安心・安全・確実な治験を実施できるよう、きめ細やかにサポート

石川 貴子 看護師長
石川 貴子 看護師長

 新薬が実用化されるためには、各段階を経て安全性や有効性の評価を行い、承認される必要があります。その段階に「治験」があり、総合診療棟西6階CLR(Clinical Research Room:治験病棟)では厳重な管理が必要な治験薬の投与を入院して行っています。病床は個室6床のみの小さな病棟ですが、患者さまの治療や生活を支えるためのきめ細やかな看護を提供しています。
 医師や薬剤師、CRC(Clinical Research Coordinator:治験コーディネーター)など多職種と連携をしながら、患者さまに安心・安全・確実な治験を受けていただけるよう、チームの「和」を大切に頑張っています。中四国初の臨床研究中核病院として、最先端の治療に携わることができることも魅力の一つです。

スタッフからのメッセージ

CLR スタッフ

 私たちCLRの看護師は、医師や薬剤師、治験推進部のスタッフと協働しながら、第Ⅰ相~第Ⅲ相の治験を実施しています。様々な疾患の患者さまがおられるため、幅広い視野での看護を学ぶことができます。また、病棟だけではなく外来も兼務しており、様々な看護を経験することで、看護師としてのスキルアップに繋がります。
 平成29年4月より院内の各部署から20名の看護師が集結し、新病棟の立ち上げに際して、看護体制や看護基準の作成、病棟内の整備など、それぞれの知識・経験を活かして奮闘しています。モニタリング等が必要な複雑な治験を確実に実施し、患者さまに安心して過ごしていただけるような病棟を目指しています。

治療内容 多種多様な疾患に対する治験(企業治験・医師主導治験)の実施および看護
病床数 6床
勤務形態 二交替制(外来兼務・応援を含む)

岡山大学病院

岡山大学病院 看護研究・教育センター

TOP