外来 外来Ⅱ

  • 外来Ⅱ
  • 外来Ⅱ2
  • 外来Ⅱ3

「つながる」看護をめざして

貞本 明子 看護師長
貞本 明子 看護師長

 外来Ⅱは、医科11部門・歯科8部門で専門的な能力が必要とされる部署が多く、約40名の看護師が配置されています。約半数が育児短時間勤務を利用しており、育児休暇明けの子育てや親の介護を行ないながらWLB(ワークライフバランス)を考慮し、「思いやり、助け合い」の精神で働いています。
 患者さんやそのご家族に信頼していただき、一人一人に寄り添いながら、病棟・外来・地域をつないでいく看護を行なっていくことが私たちの役割だと考えています。

 患者さんが住み慣れた場所で自分らしく最後まで暮らすことを支援する「地域包括ケアシステム」において、病院と地域・在宅の間に位置し、両者をつなぐ外来は非常に大切な機能の一つに位置づけられています。
 私たちは、限られた時間の中で、患者さんの症状変化や治療の予測をしながら、看護介入を行い、継続看護などの高い看護技術を提供しなければなりません。外来スタッフは様々な部署での経験をもっており、外来という部署は能力が十分に発揮出来る部署だと考えています。これからも、スタッフと一緒に努力を惜しまず、成長していきたいと思います。

スタッフからのメッセージ

外来Ⅱ スタッフ

 子育て世代からベテラン看護師まで、フルタイム・時間短縮・パートなど様々な勤務体制の看護師がいます。  子供の行事や勉強会の参加などワークライフバランスを大切にしながら、各々がキャリアアップを考え、公私ともに充実した生活を目指しています。

 子供や親が体調不良で急に休みが必要になった時も、所属科を超えての応援ができるようなシステム作りに取り組み、外来一丸となって患者さんのケアや指導に取り組んでいます。
 また、ソーシャルワーカー等とも連携をとり、患者さんの必要に応じた看護を継続的に提供できるように努めています。 

治療内容 各部署における診断・治療・看護
勤務形態 日勤

岡山大学病院

岡山大学病院 看護研究・教育センター

TOP