総合 西 2F 光学医療診療部

  • 光学医療診療部1
  • 光学医療診療部2
  • 光学医療診療部3

侵襲の少ない内視鏡治療の、安全と安楽をめざすチーム医療

笠原 由美子 看護師長
笠原 由美子 看護師長

 内視鏡検査中の苦痛を最小限にするために、希望される患者さんには鎮静剤を使用しており、患者さんから貴重な意見をいただきながらさらなる内視鏡検査の安全や安楽を目指しています。また、患者さんに安全と安心を提供するために、検査前日には事前情報の把握とスタッフ間での情報共有を徹底し、すべてのスタッフが誠実に役割を担っています。
 さらに、内視鏡スコープの感染管理においても、コンピューターシステムを駆使した履歴管理がなされ、安全に検査・治療を受けていただけるよう質の保証に努めています。地域の中核病院として役割が担えるように、安全で苦痛が少ない検査や治療が提供できるように医師と看護師が連携して日々研鑽を続けています。 

スタッフからのメッセージ

光学医療診療部 スタッフ

 光学医療診療部には、仕事と育児の両立を上手にこなしている看護師が多くいます。子育てのことや仕事との両立など何でも相談でき、アドバイスを受けながら安心して仕事ができる環境です。

 年々高度化する内視鏡の治療や、合併症を多く持つ患者さんも増えています。当部署では、病棟で見たことのない機械や器具類なども多く、学ぶべきことはたくさんありますが、検査後の患者さんの感謝の言葉にやりがいを感じます。消化器内視鏡技師の資格を持つ看護師も多数おり、患者さんの安全・安楽を一番に考え関連部署との連携をとり、学んだ知識を活かしながら日々内視鏡看護をおこなっています。

治療内容 消化器内科、消化管外科、呼吸器内科・外科および総合診療部各科の内視鏡専門医師が検査・治療をおこなっています。

上部消化管内視鏡検査、大腸内視鏡検査、小腸内視鏡検査、カプセル内視鏡検査、膵・胆道内視鏡検査、気管支内視鏡検査をおこない、それに付随してポリープ切除術、粘膜下層剥離術、静脈瘤結紮術、止血術、拡張術、異物除去、胃瘻増設術など内視鏡を用いた検査・治療をおこなっています。
治療室 内視鏡室:8室 X線TV室:2室 リカバリー室:1室
勤務形態 日勤のみ (平日:月-金)

岡山大学病院

岡山大学病院 看護研究・教育センター

TOP