岡山大学病院看護部はPNSを採用しています 岡山大学病院看護部はPNSを採用しています

PNS(パートナーシップ・ナーシング・システム)とは、看護師2人がパートナーとなり、お互いに補完し、協力し合う事ができる新しい形の看護提供体制のことです。

PNS(パートナーシップ・ナーシング・システム)とは?

安心・安全な看護を効率的に提供できるシステムとして注目を集めている、福井大学医学部附属病院看護部発祥の新しい看護提供体制です。
2人の看護師がパートナーを組んで複数の患者を受け持ち、対等な立場でお互いの特性・能力を活かしながら補完・協力し合い、看護業務を行います。

岡山大学病院では2013年度からPNSの導入に取り組んでいます。


「自己完結型」の看護から「二人三脚型」へ

従来の看護は、看護師が1人で行う「自己完結型」でした。そのため看護師の経験によって患者の観察・状況判断などに差がありました。また体位変換をはじめ、1人では困難なケアをする際、応援を呼びに行くなど時間がかっていました。

PNSは、看護師2人が協働してケアを行う「二人三脚型」です。パートナーの技術や知識を実践的に学びながら、処置をよりスムーズに効率よく行うことができます。

従来の看護方式:1人で複数の患者を担当
従来の看護方式:1人で複数の患者を担当
PNS :2人一組で複数の患者を担当
PNS :二人一組で複数の患者を担当

PNSのメリット

PNSの導入により、看護師や患者さんにとってさまざまな環境改善が図れます。
そして各パートナーの日々の業務を部署、病棟でも補完し、看護の質を維持・管理することができます。

看護師のメリット
看護師のメリット
  • お互いの技術や知識の補完ができる
  • 慣れない処置もパートナーに相談できる
  • 効率的に看護が行えるので、休憩が取れ超過勤務が減る
患者さんのメリット
患者さんのメリット
  • 担当が2人なので安心感がある
  • 点滴・薬・医師の指示などを2人で確認することで安全性が高まる
  • 応援が必要な処置がその場で行える
勤務環境の改善へ
  • 患者さんの情報を共有するため看護師間のコミュニケーションが活発になる
  • 点滴・薬・医師の指示などを2人で確認することで安全性が高まる

PNSの働き方 -1日の仕事の流れ-

パートナーを組んで働く看護師たちの1日の仕事をご紹介します。今回は入院棟西4階先輩看護師と後輩看護師のパートナー2人と新人看護師1人の3人の感想を聞いてきました。

師長・チームリーダー ラウンド

師長・チームリーダー ラウンド
まず私たちが病棟内の状況を把握します

看護師長とリーダーが、患者さんの情報をシェアしながら、一人ひとりのベッドサイドに足を運びます。実際に患者さんとコミュニケーションをとりながら、様子や状態を確認し、その日の病棟マネジメントに反映させます。

師長だけでは判断できないことも、リーダーに相談できるので安心です。このラウンドは、師長とリーダーがお互いに「学べる」機会になっています。

8:15パートナーミーティング

パートナーミーティング
1日の流れの確認から始まります
パートナー間で情報を統合し、その日のスケジュールを組み立てます

パートナーは、担当する患者さんの電子カルテから情報を収集し、共有します。夜勤が記録できていない情報は、口頭で引き継ぎます。

集めた情報はパートナー間で統合し、当日のスケジュールを計画します。お互い、一方向の伝達で終わらせず、「ほしい情報は自ら取りに行く」という前向きな姿勢に変わりました。

8:30朝の申し送り

朝の申し送り

申し送りの内容を検討し標準化PNSの導入で格段に有意義なものに

8:30から全体の申し送りを行います。インシデントレポートやGRMレターなど、他施設でのインシデントも共有するようにしています。

リーダーが全体のスケジュールを伝えることで、スタッフが病棟全体の動きを把握でき、「見える化」を実現できました。その結果、お互いに協力する環境を整えることができました。

9:00パートナーとのラウンド(患者の観察・処置)

  • パートナーとのラウンド1
  • パートナーとのラウンド2
    つねに声を出して進行します
先輩看護師とパートナーを組み、新人の知識・技術の向上を図ります

2~3人でラウンドし、検温や処置、ケアを同時に実施します。ここでは、コミュニケーションが不可欠。「パートナーシップ・マインド」を大事に、新人も自分ができることを先輩に伝えます。

PNS導入後は、新人も先輩と一緒に重症の患者さんを担当できるようになり、現場で先輩の仕事を見ながら学ぶOJTの質も向上。同時に、患者さんの「新人だから頼りない」という不安の声が減少しました。ローテーションの看護師も、パートナーでラウンドすることで即戦力となるため、看護の質を維持できます。

さらに、PNSで、確認ミスや技術不足によるインシデントも減少。リスクマネジメントの視点でもPNSは有効なのです。

13:00カンファレンス

カンファレンス
参加数が増え話し合いが活性化
パートナーのどちらかが参加することで、話し合いや情報共有がスムーズに

毎日13:00〜13:30で患者のカンファレンスを実施しています。看護ケアの見直しや、患者さんの退院支援や意思決定支援に関して情報共有しながら話し合います。

問題を解決する場となっています。各係の情報伝達や勉強会の知識の伝達の場にもなっています。また、残務の確認も行います。

16:00夕方の申し送り

夕方の申し送り
積極的に情報を共有します
パートナーで意欲的に情報収集し、申し送りの効率をアップ!

日勤リーダーが夜勤者に申し送りを行います。その後は、朝と同様に、パートナー間で情報を共有します。日勤が記録できていない情報は、夜勤者が担当者に確認します。

PNSを導入することでタイムリーな記録ができ、申し送りを短縮することができました。ラウンドに出る時間も早くなりました。

16:45業務終了

現場の声PNSを導入して

PNSでスタッフが変わるPNSはベッドサイドの看護が楽しい
副看護師長 井元 美智子
副看護師長 井元 美智子

当病棟では今年はどんなパートナーと組めるのかなと、わくわく感・どきどき感満載で新年度が始まります。年度末、経験者も新人も異動者もお互いの成長が実感でき、感謝で終わり、たとえベストパートナー賞(当病棟だけ)を逃しても満足感が得られます。

年齢・経験に関係なくお互いの考えを話し合える時間の共有は、患者さまへ良い看護として循環していくことが実感できます。そしてベッドサイドでの問題が一つずつ解決していく過程を実感できるPNSは達成感があります。

お互いに高め合う“PNS力”で患者さんに安心してもらえる看護を!
看護師 長崎 祥子
看護師 長崎 祥子

私は消化器内科に7年半勤務した後、2016年11月から入院棟西4階へ異動となりました。
外科病棟で働いた経験がなくとても不安でしたが、いつも身近にいるパートナーにすぐ報告・連絡・相談できるので、安心して働いています。また、お互いの経験や知識を話し合い、高め合っていける関係性を築けるのもPNSの醍醐味!だと思っています。

患者さんにとって入院はつらいことですが、”PNS力”を発揮し、安心して治療できたと感じてもらえる看護をしていきたいです。

先輩看護師の看護をすぐ近くで学べる
新人看護師 太田 好美
新人看護師 太田 好美

2016年4月から岡山大学病院に就職しました。初めは緊張と不安でいっぱいだったことを今でも覚えています。

実際にパートナーで働いてみてPNSの強みだと思ったことは、先輩看護師の看護を近くで学べることです。自分にはなかった看護の視点、患者さんとの関わり方、時間の使い方、看護技術などを間近で学ぶことができました。教科書だけでは学べないことが多くありました。

これからもご指導を受けながら学びを深めて経験を積んで、患者さんに寄り添った看護をしていきたいです。

岡山大学病院

岡山大学病院 看護研究・教育センター

TOP